プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

部屋の汚れた空気はエアコンクリーニングで解決

エアコンを久々につけた時のイヤな臭いの原因と自分で出来る掃除方法をまとめてみました。

久しぶりにエアコンをつけてみると、イヤな臭いが……。夏は冷房、冬は暖房として一年中活躍するエアコンは、すぐにホコリやカビが溜まって汚れてしまいます。

自分でエアコンをキレイにするには、何から手をつければ良いのでしょうか?エアコン掃除の手順をご紹介します。

エアコンクリーニングのポイント

エアコンの空気が臭くなってしまう一番の原因は、エアコン内部に溜まったカビやホコリです。エアコンを購入してからそれほど長い期間経っていなくても、頻繁に使用している場合は汚れが溜まっている可能性があるので要注意。

エアコン内部に付着したカビやホコリなどの汚れをしっかりと取り除くには、フィルター部分だけでなく、エアコン内部のパーツを分解して、一箇所ずつ丁寧に掃除をする必要があります。

最近のエアコンは「自動お掃除機能」が付いているから大丈夫!と思っている人が多いかもしれませんが、実は自動でキレイできるのは「フィルター部分だけ」の場合がほとんど。内部には汚れが溜まったまま……ということも十分あり得ます。

エアコンを隅々まで掃除するなら業者に頼むのが一番ですが、何年も掃除をしていないし、家に人をあげるのは抵抗があるから自分で掃除をしたい、という人もいるかもしれません。そこで今回は、自分でできるエアコン掃除の方法をご紹介します。エアコンは高いところに設置されているため掃除がしにくいですが、ケガをしないように気をつけながら行いましょう。

フィルターを掃除する方法

エアコンのカバーを開けてすぐのところにあるフィルターは、最もホコリが付きやすい部分。フィルターが目詰まりした状態でエアコンを使い続けると、冷暖房の効きが悪くなり電気代を余計に消費してしまうので、定期的にクリーニングするのがおすすめです。

毎日エアコンを使用する場合は、2週間〜1ヶ月に一度のペースで掃除できるのが理想的ですね。


1)フィルターの表面についたホコリを取る

エアコンのカバーを開けたらまず、溜まったホコリが舞い散らないように、フィルターの上から軽く掃除機をかけておきましょう。


2)おもて面→うら面の順に掃除機をかける

フィルターをゆっくりとエアコン本体から取り外したら、目詰まりを防ぐために、おもて面(エアコンのカバーを開けた時に見える面)→うら面の順に掃除機をかけます。


3)うら面→おもて面の順に水洗い

表面のホコリがだいたい取れたところで、次は浴室のシャワーで水洗いを行います。掃除機をかけた時とは反対に、うら面→おもて面の順に水を流しましょう。


4)水気を取ってしっかりと乾燥させる

水洗いが終わったら、タオルで優しく水気を拭き取り、日当たりの良い場所で乾かしましょう。水分が残ったままフィルターをエアコンに戻すとカビの原因となってしまうため、完全に乾かしきることが大切です。

フィンを掃除する方法

「フィン」とは、フィルターの奥にある金属板のことを指します。フィンが温まったり冷えたりすることで空気の温度が調節されるため、エアコンのなかでも特に重要なパーツといえます。

フィンに触れる空気はフィルターを通っているため、ホコリが入り込むことは少ないですが、長い間掃除をしていないと汚れが溜まってきます。フィルターほど頻繁に掃除する必要はありませんが、1〜2年に一度はフィンもキレイにしましょう。


1)洗浄スプレーをフィンに吹きかける

フィンを掃除する時には、濡れタオルなどではなく洗浄スプレーを使用します。ムリに汚れを拭き取ろうとするとフィンが曲がってしまう恐れがあるため、直接触らないように気をつけましょう。業者に依頼する場合は、専用の高圧洗浄機を使って汚れを取り除いてくれるケースが多いです。


2)5分〜10分放置する

フィンに洗浄スプレーを吹きかけたら、そのまま5分〜10分程度置いて完了。汚れたあとの洗浄液はエアコンの排水管を伝って外に出て行くので、部屋も汚れず安心です。

その他注意点

自分でエアコンクリーニングを行う際、特に気をつけたいのが「部屋を汚さないこと」ですよね。エアコンはしっかりとビニールで囲うなどして、周りの壁に汚れがつかないよう準備を整えてから掃除を開始しましょう。

また、万が一エアコンの基盤が壊れてしまうと修理に出さなければならないため、慎重に扱うのが重要です。

エアコンクリーニングを業者に依頼する場合は?

ここまで、自分でエアコンクリーニングを行う手順を紹介してきましたが、意外と手間がかかりそう……と感じた方もいらっしゃるでしょう。では、エアコンクリーニングを業者に依頼する場合、所要時間や費用はどのくらいになるのでしょうか。調べてみました。

一般家庭でよく使われる「壁掛けタイプ」の場合

  • 所要時間:1台あたり「1~2時間」
  • 料金相場:1台あたり「平均9,798円」

業者にエアコンクリーニングを依頼した場合、自分で掃除をするよりは費用がかかってしまいますが、その分時間や手間は少なくて済むのが嬉しいですよね。

その他にも、プロの手に任せたほうがカビやホコリをよりキレイに掃除できたり、損害保険に加入している業者も多いので、万が一機械トラブルが起きても安心というメリットもあります。

自分で掃除をする時間がなかったり、慣れないエアコンクリーニングに不安のある方は、業者に依頼するのがおすすめです。

業者探しはネットで効率的に

業者にエアコンクリーニングを依頼する場合は、電話をかけるよりもまずはインターネットで情報を集めるのが効率的です。

業者のホームページで特徴や料金プランを比較するだけでなく、実際にエアコンクリーニング業者を利用した人の口コミなども参考にしていけば、条件に合う業者はきっと見つかります。

部屋が汚いので業者に依頼しづらい……と迷っている人もいるかもしれませんが、エアコン業者は上手く対応してくれるので心配ありません。ネットで調べて気になった業者がいれば、遠慮せずに連絡してみましょう。

お住まいの地域のエアコンクリーニングを検索