プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

エアコンクリーニング時に分解して掃除はしてもらえる?エアコン完全分解クリーニングとの違いも徹底解説

エアコンクリーニングの分解洗浄について、必要性や依頼の仕方、料金の相場や頼んだ場合のメリット・デメリットについて解説しています。

エアコンを綺麗にするには、エアコンを分解して掃除した方が良いという情報を知りました。エアコンクリーニングを依頼するとき「エアコンを分解して掃除してくれないかな?」「エアコンの完全分解クリーニングって何?」など、疑問がでてきます。

エアコンをクリーニングするなら分解して隅々まで綺麗にしてもらいたいですよね。そこで今回の記事では、エアコンのクリーニング方法と完全分解クリーニングの内容についてリサーチしてまとめています。

エアコンクリーニングはエアコンの分解と掃除は標準メニュー

そもそも、エアコンクリーニング時に「分解」はオプションとして別メニューに存在するものではなく、エアコンクリーニングを依頼したら分解するのが前提の掃除になります。

なので、「分解してエアコンクリーニングをして欲しいけどオプション等見つからない」と心配している方は安心してください。 気になる価格ですが、通常のエアコンクリーニンと同じなので10,000〜15,000円程かかります。

自分でエアコンを分解するメリット

自分でエアコンを分解するのは二つのメリットがあります。ですが、ここで注意が必要なのがもちろんデメリットも存在してるということと、何も知らない素人が簡単に分解できないということです。それを踏まえた上で自分でエアコン分解をするメリットを確認してみましょう。

好きなタイミングで始められる

何より、業者に依頼しなくて済むので好きなタイミングでエアコンクリーニングを始めることができます。業者と予定を合わせるってそんなに難しくないようで、以外と大変ですよね。

しかも、繁忙期だと業者の予定が全く空いていないのでエアコンクリーニングして欲しくても全然来てくれません。もし業者に依頼するなら繁忙期に入る前に依頼するのがおすすめですよ。我が家では繁忙期に入る前に年に1回依頼しています。

お金がかからない

そして、二つ目のメリットが自分の労力だけでお金が掛からない点です。しかし注意して欲しいのは、分解に必要な道具や、掃除に必要な道具が家にない場合はそれらを揃えるためのお金は必要になってしまいます。

自分でエアコンを分解するデメリット

自分でエアコンを分解するデメリットですが、調べてみると故障してしまう事が多い点が挙げられる事がわかりました。綺麗にするために分解しているのに、壊してしまったらなんの意味もないですよね。他にもどのようなデメリットがあるのか、次項から紹介していきますね。

繊細な部品を傷めたり破損させてしまう

エアコン内部にある繊細な部品は扱いを誤るとすぐに痛んだり破損させてしまいます。小さな部品一つが破損するだけで、なんとエアコン本体も故障してしまいます。

エアコンを分解して部品を無くすだけでも、元に戻せなくなり、壊すのと同じ結末になってしまうので注意しましょうね。 そうなった場合の修理費を計算するとエアコンクリーニング代よりも修理費や、買い替えの方がお金がかかってしまいます。なので我が家では最初からプロに依頼することにしました。

分解後、元に戻せなくなる

結構間抜けな話ですが、分解した後に元に戻せなくなるパターンは素人だとよくあるみたいです。調べてみると、構造が複雑なため私も自分で分解するのは絶対にやめようと思いました。

エアコン完全分解クリーニングとは

エアコンクリーニングを調べていると、たまに「エアコン完全分解クリーニング」という単語が出てくるのですがこれはなんなのでしょうか。 実は、このエアコンクリーニング方法は解体した後、その場では洗わない少し変わったエアコンクリーニング方法になっているみたいです。

エアコンを分解して業者が持ち帰る

まず、エアコンを分解した後、その場では洗わないので家の中が汚れるリスクが無くなりますね。エアコン完全分解クリーニングでは、エアコンをそのまま各業者の方々が自分たちの洗浄スペースに持っていきそちらで丁寧に洗ってくれます。

お掃除機能付きエアコンにおすすめ

お掃除機能付きエアコンを使っている家庭なら尚更この「エアコン完全分解クリーニング」がおすすめです。なぜなら、通常エアコンに比べるとお掃除機能付きは中に複雑な電装機器が多いからです。

それらを全て分解して一つ一つ綺麗にしてくれるのでお値段は少しかかりますが我が家もこの掃除方法で依頼しようと思います。もちろん、通常エアコンにも完全分解クリーニングは効果的なのでおすすめですよ。

完全分解クリーニングのメリット

エアコンの完全分解クリーニングにはどのようなメリットがあるのか気になりますよね。なんと、通常のエアコンクリーニングと比べて破損させる可能性も下げてくれて部品一つ一つに合った掃除方法が施せるみたいです。

各部品の隅々まで洗浄できる

実はエアコンが汚れる原因のほとんどが洗い残しなんです。ですが、エアコン完全分解クリーニングでは細かなところまで全て分解するため、洗い残しなんてほとんどありえません。せっかく同じようにお金を払って掃除してもらっているのだから洗い残しなんて無いに越したことはありませんよね。

家を一切汚さない

業者が持ち帰ってくれることで家の中でホコリや汚水が飛び散る心配が一切無くなります。通常のエアコンクリーニングでもそうそう汚されることはありませんが、やはり、その場で高圧洗浄機等を使わられると心配になってしまいますよね。そういった心配すら一切無くしてくれるんです。

完全分解クリーニングのデメリット

では、エアコン完全分解クリーニングのデメリットには何があるのか気になりますよね。まず、様々な機種に対応出来る経験が必要なため対応できる業者が少ないという点があります。訪問し完全分解して再度設置するため、完全分解しないエアコンクリーニングと比べてると2倍以上の費用がかかるという業者もあるようです。

また、対応できる業者が少ないので、エアコンクリーニングの繁忙期は、予定を合わせることが難しそうですね。エアコンクリーニングの繁忙期では予約が殺到しているため全く予定を合わせることができません。

加えて、繁忙期にエアコンを完全分解クリーニングしてもらうと、数日間戻ってこないためエアコンが一切無い生活をしなくてはならないという欠点もあります。真夏や真冬のエアコン必須な時期にそんな日が1日でも合ったら耐えられないですよね。

まとめ

エアコンクリーニングには、基本的に分解は作業工程に入っているため、分解して欲しいと思っている人たちはオプション等気にしないで安心してプロに依頼していいですよ。

繁忙期以外のエアコンクリーニング依頼を考えているなら、「エアコン完全分解クリーニング」をおすすめします。エアコンクリーニング後の保証なども、通常のエアコンクリーニングよりも長いのでそういったアフターサービスも安心ですね。

お住まいの地域のエアコンクリーニングを検索

北海道

東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄