生活手帖 利用規約

生活手帖利用規約(以下「本規約」といいます。)には、株式会社ホワイトプラス(以下「当社」といいます。)の提供する「生活手帖」のご利用にあたり、会員の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と会員の皆様との間の権利義務関係が定められております。「生活手帖」を会員としてご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1条(適用)

  • 本規約は、本サービス(次条で定義します。)の提供条件及び本サービスの利用に関する当社と会員(次条で定義します。)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、会員と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  • 本サービスに関し、本規約以外の個別の利用規約やプライバシーポリシー(個人情報保護方針)等、本サービス利用に関する規程(以下「個別規約」といいます。)がある場合、会員は、本規約のほか、当該個別規約の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。個別規約は、名称の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。
  • 会員が本サービスを利用する場合は、本規約に必ず同意して利用するものとし、本サービスを利用することにより、会員は個別規約を含む本規約の全ての項目に同意したものとみなされます。
  • 本規約と第2項に定める個別規約の規定が矛盾する場合は、当社が別途定める場合を除いて、個別規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条 (使われる用語の定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

  • 「会員」とは、本規約に同意の上、本サービスで会員登録をした個人又は法人を意味します。
  • 「登録希望者」とは、本サービスで会員登録を希望する者を意味します。
  • 「事業者」とは、本サービスの会員の内、会員に対して事業者サービスを提供する者を意味します
  • 「予約者」とは、本サービスの会員の内、事業者から事業者サービスの提供を受けることを当該事業者との間で予め約した者を意味します。
  • 「本契約」とは、本規約に基づき当社と会員との間に締結される本サービスの利用に関する契約を意味します。
  • 「登録情報」とは、会員登録の申請及び本サービスの利用にあたり登録希望者又は会員が当社に提供する一切の情報を意味します。
  • 「事業者サービス」とは、事業者が予約者に提供する役務を意味します。
  • 「予約」とは、当社のウェブサイトで事業者が予約者に対し、事業者サービスの提供を予め約し、事業者サービスを提供する旨の契約を予め締結することを意味します。なお、同一の作業日に複数の事業者サービスが提供される場合であっても、事業者サービスの種類毎に、1件の予約が成立するものとします。
  • 「本サービス」とは、当社が「生活手帖」との名称で提供する、インターネット上で会員と事業者とのマッチングシステムを提供するサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。
  • 「投稿データ」とは、会員が本サービスを利用して当社のウェブサイトに投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。また、他の会員に公開されているか否かを問いません。)を意味します。
  • 「パスワード」とは、正式パスワード、その他IDとの組み合わせにより、会員とその他の者を識別するために用いられる符号を意味します。
  • 「ID」とは、会員とその他の者を識別するために用いられる符号を意味します。
  • 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。

第3条 (当社からの通知)

  • 当社が会員に対して行う本サービスについての一切の通知は、原則として、当社のウェブサイト上又は登録情報上の電子メールアドレス宛の電子メールにて行い、これらの通知の効力は、当社が当該通知を掲載又は送信した時点をもって発生するものとします。
  • 前項に定める通知以外の通知方法を用いる場合、その通知の効力は、当該通知が会員に到達するために合理的に必要な期間が経過した時点で発生するものとします。
  • 前二項に定める通知の効力は、会員が現実に通知を受領又は認識したかどうかを問わず、発生するものとします。

第4条 (会員資格・会員登録手続)

  • 登録希望者が、本サービスの利用を希望する場合、本規約に同意の上、当社所定の方法により当社が指定する情報を当社に提供することで、当社に対し、本サービスの会員登録を申請することができます。この場合、当社が当該申請を承認したことをもって、会員登録が完了し、登録希望者と当社との間で本契約が成立するものとします。
  • 当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当し又は該当するおそれがあると判断した場合は、当該登録希望者の登録を拒否し、又はすでにした登録を取り消すことがあります。なお、当社はその理由について一切開示義務を負わないものとします。
    • 本規約に違反する場合
    • 登録希望者が既に会員登録を完了している場合
    • 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    • 所属している法人又は団体等が同一(住所等が同一であることにより実質的に同一であると当社が判断する場合を含みます。)の複数の者が重複して登録する場合
    • 代理による会員登録の申請の場合、その他登録希望者本人からの会員登録の申請ではない場合
    • 18歳未満の者である場合
    • 過去に本サービスの利用又は会員登録を拒否又は取り消された者である場合
    • 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    • 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じです。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • その他、当社が会員登録を適当でないと判断した場合

第5条 (登録情報の変更)

会員は、登録情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更情報を遅滞なく当社に通知するものとします。なお、かかる通知を怠ったことにより生じた不利益は全て会員が負うものとしし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第6条 (パスワード及びユーザーIDの管理)

  • 会員は、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びIDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は開示、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。なお、会員のパスワード又はユーザーIDを使用した行為及び結果は、当該会員自身の行為及び結果とみなします。
  • パスワード又はIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は会員が負うものとし、会員のパスワード及びIDを利用した行為は当該会員の行為とみなされ、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 会員は、パスワードが盗用、第三者に不正使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第7条 (予約の成立)

事業者が提示した事業者サービスの提供希望日時を予約者が承認した時点で予約者と事業者との間で事業者サービスの予約が成立するものとします。

第8条 (予約の変更・キャンセル)

  • 予約者は、事業者サービスの予約成立後においても、事業者が本サービスを通じて当該予約をキャンセルする場合があることを予め承諾し、これについて当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 予約者は、成立した事業者サービスの予約をキャンセルした場合、事業者が独自に定めるキャンセルポリシーに応じて、キャンセル料が発生する場合があることを予め承諾し、当社は、予約者による事業者へのキャンセル料の支払い等の紛争について一切の責任を負わないものとします。
  • 予約者は、事業者が当該予約をキャンセルした場合その他事業者の事情により予約者が損害を被った場合において、当該損害の原因となった予約における予約代金以上には予約者から事業者に対して損害賠償請求をすることができない場合があることを、予め承諾するものとします。
  • 予約者は、当該予約のキャンセルを希望する場合、本サービス内の「マイページ」のメッセージを通じて事業者に連絡するものとします。
  • 事業者は、当該予約の成立後は、当社が別途定める場合を除き、当該予約をキャンセルすることができないものとします。
  • 当社は、当該予約のキャンセルが予約者か事業者のいずれの事情によるか等のキャンセルに関する具体的事情を調査する義務を負うものではなく、個別の予約キャンセルに関する紛争については、予約者と事業者の間での話し合いにより解決することとし、当社はこれによって会員その他の第三者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、事業者サービスの内容が変更され、又は予約が変更もしくはキャンセルされた場合でも、事業者サービスの提供予約日の前後を問わず、当社は告知責任を含む一切の責任を負わないものとします。

第9条 (本サービスの変更)

当社は、いつでも本サービスの内容や仕様を変更(サービスとしての同一性を維持しつつ、本サービスの内容や仕様の全部又は一部につき、異なる内容や仕様とすることをいいます。)し、又は終了することができるものとし、当社はこれによって会員その他の第三者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。なお、当社は、かかる変更又は終了を行おうとする場合、その内容を当社の定める方法で会員に通知するよう努めますが、緊急を要する場合は、この限りではありません。

第10条 (会員の退会)

  • 会員が退会(本契約の解約をいいます。以下同様とします。)を希望する場合、当社所定の方法で当社に申し出ることにより、いつでも、退会の申請を行うことができます。但し、退会を希望する会員に未払い等、未履行の債務が存在する場合、会員は、当該未履行の債務を履行するまで、退会できないことを予め承諾するものとします。
  • 当社が前項の申し出を承認することによって、本契約は終了し、会員は退会するものとします。なお、当社は、前項但書所定の事由、その他合理的な理由がある場合を除き、前項の申し出を承認するものとします。
  • 退会を希望する事業者に、予約が成立した事業者サービスが存在する場合、事業者は、本契約及び成立した予約に従って、その事業者サービスを予約者に提供し、当社に対して予約手数料を支払う等、本契約及び成立した予約により生じた義務を履行するまで、退会できないことを予め承諾するものとします。

第11条 (禁止事項)

  • 当社は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合は、事前に通知又は催告することなく、投稿データの削除、予約の取消し、本サービスの一部又は全部の利用停止、会員登録の取消し、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。なお、当該措置の対象に該当するか否かの判断は、全て当社が行うものとし、当社は措置理由の開示責任を負わず、かかる措置をとったこと、又はとらなかったことにつき一切の責任を負わないものとします。
    • 本規約、個別規約、法令(適用され得る法律、政令、条例、ガイドライン等の一切を含みます。以下同様とします。)又は当社が定める他の規約等に違反した場合
    • 当社、他の会員又はその他第三者の権利を侵害し、又は名誉を毀損した場合
    • 当社、他の会員その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
    • 第4条第2項各号に該当する場合
    • 攻撃的、差別、誹謗中傷、残虐、第三者に不快感を与える表現その他当社が不適切と考える表現を用いた場合
    • 長時間の電話、同様の内容の繰り返しの問い合わせその他手段の如何を問わず、当社の業務又は本サービスの運営を妨害し又は運営に支障をきたす行為をなした場合
    • 予約者が本サービスを営利目的で利用した場合
    • 他人になりすました場合
    • 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為をなした場合
    • 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信した場合
    • 異性交際に関する情報を送信した場合
    • 本サービスの利用に関して不正行為をした場合
    • 特定の宗教・思想の啓蒙や勧誘行為を目的として本サービスを利用した場合
    • 虚偽の情報を投稿した場合及び登録情報に虚偽の事実その他事実と異なる内容が含まれることが判明した場合
    • 故意に商品やサービスを優良と誤認させるような内容を投稿又は送信した場合
    • 競合する商品やサービスの信頼を低下させる投稿等、第三者を誹謗中傷する内容を投稿した場合
    • 未成年者に対し悪影響が生じるおそれのある行為をした場合
    • コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信した場合
    • パスワード、IDを第三者に開示・貸与・譲渡・転売し、又は第三者と共用した場合
    • 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんした場合
    • 当社が定める一定のデータ容量以上のデータを本サービスを通じて送信した場合
    • 当社又は他の会員その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害した場合(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
    • 与信に問題が生じた場合
    • 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    • 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けた場合
    • 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
    • 租税公課の滞納処分を受けた場合
    • 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
    • 反社会的勢力等に所属、又はこれらと何らかの関係を有する場合
    • 会員が複数の会員登録の申請を行った場合
    • 本サービスとは関係がないと当社が判断する団体やサービス、活動へ勧誘した場合
    • 本サービス又は当社の他のサービスの運営を妨げた場合
    • 本サービスに掲載されている情報をもとに、本サービスを通さずに会員同士で取引をした場合、その他中抜き行為(次条で定義します。)を行った場合
    • 本サービスを通じて知り得た他の会員の情報又は投稿データを、当社又は当該会員の明示的な承諾なくして、本サービスの利用以外の目的で利用又は第三者に提供した場合
    • その他、当社の裁量により、当社が不適切と判断する行為をした場合
  • 前項各号のいずれかの事由に該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合、会員は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  • 会員は、第1項の各号のいずれかの事由に該当する又は該当するおそれがあると思われない場合でも、権利者又は権利を侵害されたと称する者からの通知があった場合等、本サービスの管理運営上、当社の判断で、当社がやむを得ず投稿データの削除等をすることがあることを予め承諾するものとします。
  • 当社は、本サービスを運営するため又は本規約の遵守状況を確認するため必要な範囲で投稿データを閲覧する場合があります。会員は、当社による投稿データの閲覧に予め承諾するものとします。
  • 当社は、本サービス並びに当社のその他の権利及び資産又は第三者の生命、身体若しくは財産を保護するために必要と判断した場合、必要な範囲内において、これらの投稿データを裁判所や警察等の公的機関に開示又は提供できるものとします。

第12条 (中抜き行為の禁止)

  • 会員は、事業者サービスの提供の取引において、中抜き行為(本サービスを利用せずに直接事業者サービスを提供すること又はその勧誘をし、もしくは勧誘に応じること(営利、非営利を問いません。))又は中抜き行為を疑われる行為を行ってはならないとします。
  • 会員は、中抜き行為の勧誘を他の会員から受けた場合は、これを即座に拒絶し、当社へ速やかに報告する義務が発生するものとします。
  • 会員が、前二項に違反したときは、その中抜き行為により当社に生じた損害の賠償として、会員が得た利益の2倍相当額を支払うものとします。なお、この規定は、別途この金額を超える額の損害を当社が被ったことを立証し、当該損害の賠償請求をすることを妨げるものではありません。

第13条 (本サービスの停止等)

  • 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合には、会員に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止・廃止できるものとします。
    • 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    • 天災、火災、停電等の非常事態により本サービスの運営をすることが不可能となったとき
    • 第三者からの本サービスへの不正アクセス、有害なコンピュータープログラム等により、本サービスの提供ができないとき
    • 法令に基づく措置により本サービスが提供できないとき
    • 当社が、本サービスで仲介することにより、法令に違反し、又はそのおそれが生じることとなる取引を行ったとき
    • その他、当社がやむを得ないと判断したとき
  • 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は会員に事前に通知するものとします。
  • 当社は、本条に基づき当社が行った措置に起因して会員又は第三者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第14条 (設備の負担等)

  • 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、会員の費用と責任において行うものとします。
  • 会員は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。
  • 当社は、会員が送受信したメッセージ、利用記録その他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当社はいつでもこれらの情報を削除できるものとします。なお、当社はかかる情報の削除に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  • 会員は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、当社ウェブサイトからのダウンロードその他の方法によりソフトウェア等を会員のコンピューター等にインストールする場合には、会員が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社は会員に発生したかかる損害について一切の責任を負わないものとします。

第15条 (保証の否認、免責及び紛争処理等)

  • 当社は、会員同士が事業者サービスに関して情報のやり取りを行い、予約をするためのシステムを提供するものであり、その予約の成否、会員同士で提供される情報の内容の正確性、完全性、有用性、真実性、適法性等について保証するものではなく、これにより生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
  • 会員は、本サービスを利用することが、会員に適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、会員による本サービスの利用が、会員に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。
  • 当社のウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当社ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
  • 本サービスでは、事業者サービスについて予約者と事業者の間で直接、契約が成立するものであり、予約者と事業者の間に紛争が生じた場合は両当事者において解決するものとし、当社は予約者と事業者の間の紛争について一切の責任を負わないものとします。
  • 会員が、本サービス又は当社ウェブサイトに関連して他の会員その他の第三者からクレームを受け、又はそれらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、会員の費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。
  • 会員による本サービスの利用に関連して、当社が、他の会員その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、会員は当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額及び当該請求に対応するために要した費用(訴訟費用、弁護士費用、信用を回復するために要した費用等を含みますが、これらに限られません。)を賠償しなければなりません。
  • 当社は、本サービスの利用に関連して生じた会員及び第三者の損害につき、その予見又は予見可能性に関わらず、一切の責任を負いません。
  • 当社に故意若しくは重過失がある場合又は本規約が消費者契約法2条3項の消費者契約に該当する場合、本規約のうち当社の責任を完全に免責する規程は適用されないものとします。
  • 本サービスの利用に関し当社が損害賠償責任を負う場合、当社に故意又は重過失がある場合を除き、現実に当該会員に発生した直接かつ通常の範囲内の損害を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)については責任を負わないものとします。
  • 本サービス及び本サービスを提供するための当社のシステムに関して、バグ等の不具合がないことを保証いたしかねます。当社は、当該不具合を修正・改良等する義務を負うものではありませんが、当該不具合を改善するよう努めるものとします。当該不具合による、会員の損害について、一切の責任を負わないものとします。

第16条 (権利帰属)

  • 当社のウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本契約は、当社のウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。会員は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしてはならないものとします。
  • 会員は、投稿データについて、自らが投稿その他送信することについて適法な権利を有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。
  • 会員は、投稿データについて、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。
  • 会員は、当社及び当社から権利を承継し、又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

第17条 (個人情報)

  • 当社は、別途定めるプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に従い、会員の個人情報を管理するものとし、会員はこれに同意します。当社は会員の個人情報をもとに、個人を特定できない形式による統計データを作成し、利用することがあります。
  • 予約者は、当社が、事業者による予約者へのサービスの実施に関する事項(例:サービスの内容、クリーニング等を行う対象物の名称、商品番号、台数、使用年数など)を事業者から提供を受けることがあることを認識し、かかる提供につき、予め事業者に対して同意するものとします。
  • 当社は、事業者が本サービスを予約者に提供するため、予約者が入力または予め登録した予約者の個人情報を、予約者に代わって、予約者が予約を行った事業者へ電磁的方法等により提供いたします。予約者が本サービスをご利用いただいた場合、かかる当社から事業者への個人情報の提供について同意していただいたものとみなします。事業者の当該個人情報の取り扱いに関して、予約者が損害を被った場合、事業者は、自己の責任と費用において予約者の損害の賠償その他適切な措置を講じるものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第18条 (秘密保持)

  • 本契約において、秘密情報とは、本規約又は本サービスに関連して、会員が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、(1)当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、(2)当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5)当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
  • 会員は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  • 第2項の定めに拘わらず、会員は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
  • 会員は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
  • 会員は、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第19条 (広告の掲載)

当社は、当社の裁量において、当社のウェブサイトに適切と判断される広告を掲載することができます。当社のウェブサイトに掲載される広告によって、会員等及び第三者に損害等が生じても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第20条 (本規約等の変更)

当社は、会員の同意を得ることなく本規約を任意に改定、又は補充する規約を定めることができるものとします。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービスを提供する当社のウェブサイトに掲示された時点よりその効力を生じるものとします。会員が本規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用する場合、又は当社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、会員は変更後の規約に同意したものとみなされます。

第21条 (本規約の地位・権利義務の譲渡等)

  • 会員は、当社の書面による事前の承諾なく、本契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  • 当社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本契約上の地位、本契約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
  • 会員は、成立した予約に基づく契約上の地位又は権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできません。
  • 会員は、当社が、前項の行為が行われている、又は行われるおそれがあると判断した場合、当該予約を無効とすることができることを予め承諾するものとします。
  • 第1項及び第3項に定める処分によって生じた紛争については、会員が責任をもって解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第22条 (完全合意)

本規約は、本規約に含まれる事項に関する当社と会員との完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当社と会員との事前の合意、表明及び承諾に優先します。

第23条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び会員は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第24条 (存続規定)

会員の会員登録の取消又は退会後も、本規約中、その性質上存続すべき条項(当社の免責について定めた条項を含みますがこれに限られません。)は有効に存続するものとします。ただし、第18条については、利用契約終了後5年間に限り存続するものとします。

第25条 (準拠法及び管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第26条 (協議解決)

当社及び会員は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

2018年5月30日制定
2018年9月18日改訂

▼予約者向け個別規約

予約者については、この「予約者向け個別規約」が適用されるものとします。

第1条 (サービス)
本サービスは、予約者と事業者との間で予約を行うためのシステムを提供するものにすぎず、事業者の提供する情報の正確性、真実性、取引の内容の妥当性、適法性を保証するものではなく、また、予約の成否をお約束するものではありません。予約者の方は自らの責任で事業者の方と予約を行うものとします。

第2条 (事業者サービスに対する料金の支払い)
予約者は、成立した予約の内容に従い、当社の定める方法で、事業者に対し事業者サービスに対する料金を支払うものとします。支払い方法は、事業者により異なり、現金又はクレジットカード/デビットカード(VISA、MASTER)によります。

現金による支払いの場合、事業者サービスの提供と引き換えに料金を支払いただきます。各クレジットカード/デビットカード(VISA、MASTER)は、予約確定時に決済いたします。詳細は、「特定商取引法」の記載内容をご確認ください。

第3条 (追加事業者サービスと料金)
予約者は、事業者サービスの提供を受けるにあたって、成立した予約に追加して事業者サービスの提供を受け、追加の料金が発生したとき、予約者は当社に対し当該追加事業者サービスの内容と料金について当社からのアンケート・問い合わせ等による求めに応じ回答するものとします。

第4条 (税金の取扱い)
本サービスに関して予約者にかかる消費税(地方消費税を含む)その他の税金については、予約者の費用と責任でこれを負担及び処理するものとします。

第5条 (本サービスの利用にあたっての予約者の誓約事項)
予約者は本サービスの利用にあたり、以下の各号の内容を保証及び誓約するものとし、以下の各号のいずれかの内容が正確又は真実ではなかったことにより、当社、会員その他の第三者が損害を被った場合は、予約者はその損害の一切を賠償する義務を負うものとします。

  • 「予約者向け個別規約」を含む本規約を遵守すること
  • 事業者の提供するサービス等の利用にあたって事業者が提示した条件(事業者が当社のウェブサイト上で定める利用規則・キャンセルポリシー等を含むが、これに限らない。)を遵守すること
2018年5月30日制定
2018年9月18日改訂

▼事業者向け個別規約

事業者については、この「事業者向け個別規約」が適用されるものとします。

第1条 (事業者サービス)

  • 事業者は、事業者サービスは全て事業者が自らの責任で提供するものであり、提供サービスの提供につき、本規約に定める他一切の責任を負い、事業者サービスの提供にあたっては、事前に、事業者サービスの提供が適法であるか、当社又は会員その他の第三者の権利を直接又は間接に侵害しないか等、本規約、事業者に適用のある法令及び業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて十分確認するものとします。
  • 当社は、事業者の事業者サービスの提供に関して、一切の責任を負わないものとします。
  • 事業者が本サービス上で事業者サービスを提供するにあたっては、事業者サービスの対価その他の条件につき、「事業者向け個別規約」を含む本規約に従うものとします。

第2条 (事業者の審査)

  • 本サービスに入会した会員が新たに事業者となることを希望する場合、当社は共通規約に定める会員登録手続きの規定に準じて、事業者の登録情報を審査し、事業者登録の申請を承認するか決定いたします。
  • 個人事業主は、事業者登録時点で満20歳以上であることが必須となります。
  • ネットワークビジネス、マルチ商法等該当するような販売を行う者又は、当社にふさわしくないサービス提供、商品等の販売を行う者は、事業者登録をお断りします。

第3条 (事業者サービスの提供)

  • 事業者は、成立した予約の内容に従い、自己の費用と責任で、予約者に対し提供サービスを提供するものとします。事業者サービスとは、当社が定めた各カテゴリーの必須作業内容(例:エアコンクリーニング「外装カバーの清掃/フィルターの洗浄/本体内部の高圧洗浄/ドレンパンの洗浄/作業場所の簡易清掃」)を予約者に対して提供することを示します。なお、必須作業を満たさないオリジナルのサービス提供は禁止になります。
  • 事業者は、事業者サービスを提供完了後、作業完了の申告を管理画面を通じて、作業完了の翌日中までに完了します。著しく作業完了の報告が遅れ、当社の注意喚起に応じない場合、退会処分又は損害賠償請求等を行う可能性がございます。

第4条 (事業者サービスの利用料金)

  • 利用料金の表示は、全て「消費税込(地方消費税を含む)」で統一しております。税別など消費税が別途徴収する可能性があり、予約者に誤解を与える表記は禁止されています。
  • 利用料金は、最低10円単位以上になるように設定するものとします。なお、利用料金を0円で設定することは禁止となります。
  • 事業者の管理画面において、サービス管理画面で「15,000円〜」のように利用料金が明確でない掲載は禁止になります。サービスカテゴリごとに利用料金、追加料金(オプション)の料金設定を行い、予約者に対して利用料金を明確に提示するものとします。
  • 事業者の事業者サービスページにおいて、表示した利用料金に対して変則的に条件付きの割引を設定を行うこと(例「午前8時までの作業は●●%割引」など)は禁止となります。特定の期間割引等を実施したい場合、サービス管理画面の利用料金設定で適宜利用料金を変更するものとします。

第5条 (追加料金)
事業者サービスの提供において、当初の予約の内容を超えて追加の料金が発生した場合には、事業者は予約者及び当社に対し当該内容について直ちに料金変更機能を通じて報告をする義務を負うものとします。

信義誠実の原則に従い、事業者サービスページに未記載の不適切な追加料金(例「出張料金」、「梱包料」、「システム利用料」など)を請求することは禁止となります。不適切な追加料金の記載又は請求が発覚した場合、事情を聴取の上、退会処分又は損害賠償請求等を行う可能性がございます。

第6条 (税金の取扱い)
本サービスに関して事業者にかかる消費税(地方消費税を含む)その他の税金については、事業者の費用と責任でこれを負担及び処理するものとし、当社は一切関知するものではありません。

第7条 (本サービスの利用にあたっての事業者の誓約事項)
事業者は本サービスの利用にあたり、以下の各号の内容を保証及び誓約するものとし、以下の各号のいずれかの内容が正確又は真実ではなかったことにより、当社、会員その他の第三者が損害を被った場合は、事業者はその損害の一切を賠償する義務を負うものとします。

  • 「事業者向け個別規約」を含む本規約を遵守すること
  • 登録情報が正確かつ真実であること
  • 事業者サービスが法令及び業界団体の内部規則等に違反していないこと
  • 事業者サービスを提供する正当な権限を有すること
  • 事業者が事業者サービスを提供している又は提供した予約者が、その所有物の破損・盗難等の被害を受けた場合その他予約者と事業者との間で紛争が生じた場合は、事業者が自己の費用と責任において、当該紛争の対応を行うこと
  • 本サービスを端緒とする会員とのやりとりにおいて、本サービス外での取引を行うように誘導し、本サービス外での取引を行った場合その他中抜き行為を行った場合、当社に対し、本規約に基づき損害賠償を行うこと
  • 本サービスを端緒とする予約者からの口コミの投稿について反論するため等、事業者サービスの提供以外の目的で予約者の個人情報を用いないこと
  • 当社が撮影、加工等を行った制作物の著作権その他の知的財産権は、当社に帰属し、本サービス外で利用を行った場合、当社に対し、本規約に基づき損害賠償を行うこと

第8条(業務委託の取り扱い)
事業者は、事業者サービスの提供を他の事業者へ委託する場合、当該他の事業者が「事業者向け個別規約」を含む本規約を遵守するよう管理監督するとともに、それらの業務の実施にかかる一切の行為に関して、事業者がなしたものとみなして、当社及び予約者に対し、一切の責任を負うものとします。

第9条(予約手数料等)

  • 事業者は、予約者との間で予約が成立した場合、1件の予約に対し、グレード表に定める予約手数料率に予約されたサービスの料金(事業者サービスの提供が完了した場合は予約者が最終的に支払った金額に修正されるものとし、消費税及び地方消費税も含む)を乗じた金額又は二千円のいずれか高い方の金額を予約手数料として第4項に定める方法で当社に対し支払うものとします。

    グレード表は、ログイン後の事業者の管理画面に記載しております。グレード表は、会員の同意を得ることなく、当社が任意に改定、又は補充し定めることができるものとします。

    当社が別途定める場合を除いて、本サービスを提供する当社のウェブサイトに掲示された時点よりその効力を生じるものとします。変更の効力が生じた後に本サービスを利用する場合、又は当社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、事業者は変更後の規約に同意したものとみなされます。
  • 予約成立後に、事業者都合で予約がキャンセルにされた場合、原則事業者は前項に定める予約手数料をお支払いいただきます。

    予約者都合のキャンセルの場合においては、事業者都合ではないためキャンセル料はいただきません。予約者と事業者とのキャンセル理由を公平に検討させていただくために、事業者は次項のとおり速やかに当社に対し報告メールをお願いいたします。なお、本サービス上のメッセージ、報告メール又はその他客観的な資料によって、当社が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合も予約手数料をいただきません。
    • 事業者が事故又は天災の事由によりサービス実施場所へ到達できず、サービスを実施できずキャンセルに至った場合等事業者のやむを得ない事由
    • 事業者が予約者に事前にサービス対象物又は作業内容の確認を行なったが予約者の報告内容に虚偽又は誤りがあり、サービスを実施できずキャンセルに至った場合
    • サービス対象物の動作確認ができない又は故障によりサービスが実施できず、キャンセルに至った場合
  • 当社が、前項の判断を行うため、事業者は、予約者と電話その他本サービス上のメッセージ以外の方法でキャンセルを確認した場合、必ず本サービス上のメッセージ上でキャンセルを確認するものとします。事業者は、前項の報告メールには以下の事項を記載するものとします。
    • お客様(予約者)のメールアドレス
    • 事業者ID
    • お客様(予約者)の氏名
    • 予約ID
    • 最終的なサービス金額
    • 予約サービスが金額変更又はキャンセルとなった理由
  • 予約手数料の授受の方法は、予約者が事業者サービスに対して希望する料金の決済方法に応じて、以下のとおりとします。
    • (ア) 現金決済の場合
      事業者は、当社の定める方法で、当社の定める者に対して、当月1日から当月末日までの期間に提供した事業者サービスの予約手数料の合計金額を、翌月末日までに支払うものとします。振込手数料は、事業者が負担するものとします。
    • (イ) クレジットカード決済の場合
      当社は、当月1日から当月末日までの期間に事業者が提供した事業者サービスに対する料金の合計金額から予約手数料の合計金額及び振込手数料を差し引いた金額を、翌月末日までに、事業者の指定する金融機関口座への振込により引き渡すものとします。当該事業者が提供した事業者サービスに対する料金の合計金額が、予約手数料の合計金額及び振込手数料に満たない場合、事業者は、前号の方法で、当社に予約手数料を支払うものとします。
      なお、クレジットカードの決済手数料は、現時点(2018年9月18日)において当社負担とします。決済手数料の負担に関して、予告なく変更する可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
  • 事業者は、予約手数料の支払を遅滞した場合、年14.6%の遅延損害金を当社に支払うものとします。
以上
2018年5月30日制定
2018年9月18日改訂